<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

探究心

兵庫県の地場産業に

どっぷり浸かって4年目

技術や歴史を掘り下げるにつれ

民藝というキーワードにぶつかってきました

それは丹波焼の陶器や丹波布です


もっと民藝について

勉強しなくてはという思いと

民藝の面白さに惹かれて此方へ
d0163620_9333854.jpg

d0163620_9333495.jpg

芹沢銈介と日本の染織展へ
d0163620_1022476.jpg


やはり此処でも

芹沢氏が収集された

様々な地方の布の展示コーナーには

丹波布がありました


丹波布は野良着などとして制作が始まったと考えられており

幕末から明治の初めに盛んに制作されていたのですが

大正時代に入って衰退してしまったそうです

そして昭和の初めに柳宗悦が京都の朝市で偶然に古い丹波布を見出し

衰退していた丹波布の再現が行われ

現在も継承され続けています

eleでは、その継承者の方々と様々な取り組みを行い

現在2013SSに向けて商品開発中です
d0163620_15342420.jpg



また芹沢氏にまつわる陶器の展示にも

丹波焼に非常にゆかりのある

生田和考氏の陶器の展示もありました

eleで扱わせていただいている丹波焼の

俊彦窯の俊彦さんは生田氏の弟子筋で
d0163620_1334292.jpg

丹窓窯は生田氏が丹波焼を学んだ窯元との事です
d0163620_13111249.jpg




私自身は民藝については

ほとんど無知の状態で

スタイリストの岡部さん達と

丹波焼の窯元巡りをする中で

民藝の事を知り

そして、この2軒の窯元に巡り合うことが出来ました


あつかましく、月1回から2回のペースで窯元を訪れては

俊彦窯の俊彦さん丹窓窯の奥さんに

丹波焼の歴史や民藝の事を

親切に教えていただいております
d0163620_13114568.jpg


eleにて俊彦窯、丹窓窯の様々な陶器を扱っております
d0163620_1713261.jpg

d0163620_172040.jpg


丹窓窯
スリップウエアーの丸皿 中 ¥2520
d0163620_1722857.jpg

スリップウエアーの角皿 中 ¥4410
d0163620_1731219.jpg


俊彦窯
岡部さん別注面取り蕎麦猪口 ele別注しのぎ蕎麦猪口 ¥3150
d0163620_174535.jpg


その他にも色々な陶器が揃っております
d0163620_17131453.jpg


*写真家具 木工内海屋シンガロング 

お問い合わせ先
ele
神戸市中央区海岸通5-1-20-1F
Tel: (078)393-0985



iPodシャッフル本日の1曲目 窓をあけろ/モップス
by lantiki_mtpd | 2012-09-28 17:42 | ele news

丹波立杭 陶の里

roomsブース内の納屋の制作でお世話になった

木工内海屋シンガロングとrooms終了後

東京から車をブッ飛ばして

神戸に着いたのがAM6:30


仮眠もそこそこに、eleでもお世話になっている

立杭陶の里にて

「兵庫県の伝統的工芸てしごと展」の展示準備
d0163620_12622100.png


いただいたお題は

古い丹波焼の陶器と伝統的工芸品の融和


今回のチームは、産地の映像を一緒に撮ってきたhifumi

古丹波と工芸品に関してはディレクションさえしっかりしていれば

品から発する圧倒的存在感のみで大丈夫であろうと準備がスタート
d0163620_121088.jpg


d0163620_1223123.jpg

古丹波と伝統的工芸品を絡め

てしごとに携わる人々の手元や表情が伝わるように

映像コーナーも設置し

シンプルに表現しました
d0163620_1249121.jpg

Photo by hati
d0163620_12172733.jpg

d0163620_1218492.jpg


エントランスは丹波の里で見つけた藁道具を集めています
d0163620_12204590.jpg


9月15日(土)~10月25日(木)
立杭 陶の里 伝産会館展示室
兵庫県の伝統的工芸品“てしごと展”



iPodシャッフル本日の1曲目 夏のにげ水/NUKEYPIKES
by LANTIKI_mtpd | 2012-09-17 13:24 | じばさん

roomsにて

まだまだ、残暑が厳しい東京

国立代々木競技場で行わたrooms


合同展示会へ初出店のeleでは

“じばさん兵庫”として

兵庫県の伝統工芸品

丹波市 丹波布

豊岡市 行李柳

赤穂市 緞通

女性工芸師による実演を発表しました


伝統工芸の里へ行く度に感じてきたこと

女性独特の

しなやかさ

細やかさ

力強さ

そして

伝統を絶やしてはいけないと

継承し続ける情熱


伝えゆく品は違えど

感ずる心は同じ


そんな女性工芸士さんが産地より一堂に会し

実演ができたら

どんなに美しいだろうと

以前から温めていました


実演が始まると

皆さんの足が止まり

食い入るように見入っていました


カラカラと綿を紬ぐ音の丹波布

シュッシュッと柳を編む音の柳行李
d0163620_1552960.jpg


カチカチと糸を揃える音の緞通
d0163620_15552688.jpg


それぞれの産地から神戸に来るのも大変なのに

東京まで足を運んでいただいた

工芸師の皆様に感謝です

お疲れ様でした
d0163620_1613396.jpg

皆様に

「楽しかったよ」

と言っていただけたのが何よりです

ありがとうございました


そして“じばさん兵庫”ブースに

お立ち寄りいただいた皆様に感謝


ありがとうございました


iPodシャッフル本日の1曲目 Cry of The Sheeps/PAINTBOX
by LANTIKI_mtpd | 2012-09-15 16:18 | ele news

rooms

明日より3日間 9月11日12日13日

東京、代々木体育館にて行われている展示会

rooms

eleが出展いたします
d0163620_12323510.jpg



rooms展示会は、日本最大級のファッション展示会

日本全国、世界各国のブランドやメーカーが出展し

セレクトショップや百貨店のバイヤー

スタイリストやプレス

アパレルに携わる様々な人たちが集まります


今回はそのroomに日本全国の地場産業が

集まるコーナーが設けられます

eleでは、そちらのコーナーで

丹波布、豊岡柳行李、赤穂緞通の職人さんに来ていただいて

実演を行います

職人さんや工芸士さんは、全て女性

流れるような手さばきを

ご覧いただけます


入場には簡単な手続きが必要ですが

ご興味のある方は是非、足を運んでみて下さい


映像はこちらから
d0163620_12341024.jpg



iPodシャッフル本日の1曲目 COSME/The Bacillus Brains
by LANTIKI_mtpd | 2012-09-10 11:38 | ele news

丹波立杭焼 俊彦窯×eleその2

兵庫県の伝統工芸品 丹波立杭焼


ど素人の発想で

自分自身が欲しい物を

丹波立杭焼で作っていただきたいと

スタイリストの岡部文彦さんと

企画させていただいた

こちらのマグ
d0163620_16292594.jpg


グビグビっと豪快にビールが飲みたい

しかも350ml缶がチョっきり入る

飲みきりサイズで


デザインは「かけ流し」

お酒を入れる徳利なんかに使われる

丹波焼、独特の技法
d0163620_16441990.jpg


囲炉裏を囲み

お抹茶を振舞っていただきながら

民芸や丹波の歴史の話に耳を傾ければ傾けるほど

こんな、わがままな企画が通るのかなと・・・

恐る恐る相談したところ
d0163620_16451235.jpg


「やってみよか?!」

と俊彦さんからの温かいお言葉


何度かサンプルを制作していただき完成しました


私は冷凍庫でキンキンに冷やしてビールを注ぎます

ビールの泡が通常より細かく、冷たさが持続して

ビールがほんとに美味しくいただけます


ビール好きの皆さん

一日の疲れを癒してくれますよ
d0163620_9412075.jpg

俊彦窯ビアマグ¥3900+tax


iPodシャッフル本日の1曲目 Call Me/UN
by LANTIKI_mtpd | 2012-09-06 09:55 | ele news

丹波立杭焼 俊彦窯×ele その一

兵庫県の伝統工芸品 丹波立杭焼 


丹波焼は日本の六古窯にも数えられ、800年の歴史を超える

瀬戸 信楽 越前 常滑 備前と並ぶ焼物の産地

昭和の初め、柳宗悦の眼力によって一見地味で素朴で

用途に即した日用陶器

技巧の冴えた茶道具等が見出されて以後

丹波焼も世に知られるようなりました


俊彦窯はそんな歴史深い産地の窯の1つ

俊彦さんは、河井寛次郎の弟子であった生田和孝に師事

独立後、丹波篠山で面取り、鎬(しのぎ)など

の技法に優れ、丹波の土を使い

釉薬は糠釉(ぬかゆう)や黒釉を中心に

日用雑器を制作してこられました
d0163620_18535468.jpg


俊彦さんとは約2年前に

スタイリストの岡部文彦さん

本間良二さんと窯を訪問して以来

『おもいっきり「兵庫じばさんツアー』

陶器など全く素人の私に

陶器の事以外にも民芸の歴史などを

親切に教えていただいて

勉強させていただきながら

お付き合いをさせていただいております
d0163620_1854188.jpg



これからeleに並ぶ俊彦窯の商品を少しづつ紹介していきます
d0163620_194478.jpg




iPodシャッフル本日の1曲目 BigFoot/LIPCREAM
by LANTIKI_mtpd | 2012-09-04 16:45 | ele news

NuShopOpenじばさん兵庫

d0163620_14374736.gif

ワイワイと

オープンいたしました


3年前、旧居留地時代ののランチキメリケンワーフ店の

店内に併設されていたギャラリーで開催した

じばさん兵庫のエキシビジョン


それをきっかけにどっぷりと

兵庫県の地場産業にのめり込みまして

とうとうshopをオープンしてしまいました
d0163620_152110.jpg


何度も何度も、産地に通い詰めて

話を聞いたり体験したり
d0163620_14554361.jpg


職人さんの技に魅了され

産地のおばちゃんに癒され

時にはおっちゃんに怒鳴られ

それもこれも今日という日の糧になってます
d0163620_14561119.jpg


オープン前日のレセプションには

産地の皆様が遠方にも拘らず

わざわざ足を運んでいただいたことに

本当に感謝しています


そんな産地の方々と連携し

eleにラインナップされたMade in HYOGOの商品には

その証として(LLL)のステッカーを貼っております
d0163620_14565736.jpg

またロゴの重なるLには

『LOCAL industrial HYOGO(兵庫のじばさん)からさまざまな繋がりを介し、

世界へ広がっていって欲しい』という 願いが込められています
d0163620_14442579.jpg




iPodシャッフル本日の1曲目 Baby I Love You/The Roosters
by LANTIKI_mtpd | 2012-09-02 15:06 | ele news