<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ホタルイカ

ちょっと前のblogで兵庫県の瀬戸内側の春の旬として

“イカナゴ”を紹介しましたが

日本海側の春の旬と言えば“ホタルイカ”


兵庫県の浜坂漁港は“ホタルイカ”の水揚げ量が日本一

“酢味噌合え”や
d0163620_14464723.jpg

“アヒージョ”にして、いただきます 『湯町窯エッグメーカー』
d0163620_14593743.jpg


まず、スーパーで見かけることは有りません

神戸の東の台所、水道筋の市場で捕獲した

“ミミイカ” 『丹波立杭焼 俊彦窯 』
d0163620_14465628.jpg


某、県民番組で神戸っ子の定番と紹介されましたが

別に神戸っ子の定番では有りませんが、旨いです
d0163620_16505662.jpg

神戸の西の台所、東山市場で捕獲した

お好み焼きを海苔で巻いた“のり巻きお好み”


暖かくなり、ツルツルっと冷たい麺が恋しくなり
d0163620_14593868.jpg

兵庫県淡路島の“御陵ひやむぎ”を湯がいて
d0163620_14593927.jpg

とろろ芋をすって
d0163620_1459396.jpg

“冷やしとろろうどん”にして、いただきます  『丹波立杭焼 俊彦窯 』
d0163620_14465549.jpg


麻の播州織、多可町のasabanさんに訪れた際
d0163620_14465773.jpg

麻の布に包まれた無農薬栽培の“菜の花”をいただきました
d0163620_14465716.jpg

“おひたし”にして、いただきます 『小鹿田焼』
d0163620_14465837.jpg


46歳の誕生日に、おかあちゃんが

兵庫県多可町の加美区で100日かけて平飼いさられる鶏

“播州百日どり”で好物の“チキン南蛮”を作ってくれました 『小しろふもと窯』
d0163620_14465995.jpg


おかあちゃんが友達と韓国に遊びに行ったので

同じ“百日どり”で“香草焼”を自炊しました 『俊彦窯 ビアマグ』
d0163620_1447047.jpg


兵庫県豊岡市へ日本の伝統工芸品の“柳行李”のミーティングに行った際

お隣の街、出石市の名物

出石そばを、いただきました
d0163620_1447269.jpg

白磁の出石焼の器に小分けにされた
d0163620_1447238.jpg

生卵と、とろろでいただく名物“出石そば”
d0163620_1447353.jpg

19皿いただきました
d0163620_1447479.jpg


そんな毎日を過ごしていたら

先週迎えた、46歳の人生の中で

体重が最重量になってしまいました

しかし

まだまだ、兵庫県を喰い続けたいと思います



iPodシャッフル本日の1曲目 free soul/EIEFITS
by lantiki_mtpd | 2013-03-30 17:21 | nu smaltalk

春恋しい、蒸し鍋

ポカポカと暖かく

このまま春が訪れるのかと思えば

突風や雨の翌日は

冬に戻ったような寒さ

こんな日はやっぱり


鍋ですかね~


うちの両親が家庭菜園で育てた

菜の花、水菜、菊菜、原木椎茸をおすそ分けしてもらったので

スーパーマーケットで見つけた天然の鰆や鱸を使った鍋です
d0163620_901483.jpg

本日は、いつもとは少し趣向を変え

丹波立杭焼の伝市窯さんにて作っていただいた

土鍋には蒸し用の皿が付いていますので
d0163620_901295.jpg

蒸し鍋にしてみました
d0163620_901586.jpg

蒸し鍋は出汁を取らなくても

鍋に水と昆布を引いて火に掛けるだけ

魚も野菜もホックリいただけるので

シンプルにオリーブオイルや
d0163620_901640.jpg


d0163620_901757.jpg

カボスを搾っていただきました
d0163620_90227.jpg


この鍋には白ワインや酒が合いますね

今宵は俊彦窯、ろうそく徳利に
d0163620_90184.jpg

兵庫県の地場産業、灘の酒

大黒正宗を注いでいただきます
d0163620_902190.jpg


メッチャ大人になった気分、たまりまへんな~
d0163620_902342.jpg


さて〆は何でしょう?

蒸した魚と野菜の旨みが鍋に引いた

昆布出汁に滴り落ちて

最高の出汁が出来ています

しかし、量が少ないので


ここは麺好きの私ですが

雑炊なんですね~
d0163620_902427.jpg

d0163620_902555.jpg

くぎ煮を添えても美味いですよ
d0163620_902663.jpg



少し趣向を変えて蒸し鍋

お試しあれ!



iPodシャッフル本日の1曲目 太陽のまばたき /ブルーズビンボーズ
by lantiki_mtpd | 2013-03-18 17:58 |

丹波布 tannonuno

兵庫県の伝統工芸品である丹波布は

柳宗悦が京都の朝市で見出した

木綿と屑繭で織った素朴な格子の布で

「静かな渋い布」と讃えた木綿の手織物です
d0163620_144469.jpg

手紡ぎの木綿糸を地元の兵庫県丹波市青垣町佐治で

調達できる榛の木、栗の木、こぶな草(刈安)、藍で

茶・藍・緑色に染め、

屑繭からとった絹糸をつまみ糸として

横糸(ぬき糸)に入れながら織りあげます
d0163620_144684.jpg


この技術を伝えていくため

機織り場・糸つむぎ場・草木染色場などを設けた

丹波布伝承館があります


私は、この丹波布が大好きで

東京のスタイリストさんデザイナーさんを誘ってツアーを組んだり

eleのスタッフ
と体験に行ったり

何度も足を運び指導員の大谷先生をはじめ

伝承されている方々とミーティングを重ねてきました


そしてこの度、丹波布を使ってデザインするブランド

「tannonuno(丹の布)」

を立ち上げることになりました!!!


現在、丹波布を使ったストールやバック企画の真っ只中

ゴールデンウィーク前には

なんとかeleにてお披露目出来そうです

販売に先立ちまして、本日より店内に丹波布を

展示させていただいております

販売をスタート次第、こちらのblog elewebFBより

告知させていただきます

お楽しみに!


ストールは大谷先生にプレゼントしていただいた

私の宝物です
d0163620_144514.jpg

素敵でしょ!



iPodシャッフル本日の1曲目 3×3/First Alert
by lantiki_mtpd | 2013-03-16 09:16 | じばさんele news

イカナゴクギニ

春先の神戸名物と言えば“イカナゴのくぎ煮”


イカナゴは春を呼ぶ魚として知られ

瀬戸内海沿岸では2月下旬頃から漁が始まります

この時期イカナゴの幼魚、体長3~4cmほどのシンコを使って

兵庫県の播磨・明石、神戸・垂水、淡路島北部の地方では

各家庭で“イカナゴのくぎ煮”を作ります


イカナゴの時期になるデパートやスーパなどの食料品売り場では

イカナゴ専用のコーナーが作られ、鍋、保存容器はもちろん

醤油、砂糖(ザラメ)、水飴、生姜、山椒など

イカナゴのくぎ煮作りに必要なものをそろえて販売しています


我が家の“イカナゴのくぎ煮”は

毎年、実家のお母さんの手作り
d0163620_13305517.jpg

お酒のアテに
d0163620_13305714.jpg

あつあつのご飯に
d0163620_13354642.jpg

お弁当に
d0163620_13305786.jpg

毎度毎度の食卓に並びますが

全然、飽きないんですよ


成魚は、“フルセ”と呼ばれます
d0163620_13444117.jpg

ボイルされたて売られているので

サッと炙ってポン酢でいただきます


春先は、まだまだ旬の味がありますね!

ワカメが獲れ始めるこの時期ならではの

“茎わかめ”
d0163620_13354495.jpg

きんぴら風


冬の終わりを告げる

“子持ちイイダコ”
d0163620_13354529.jpg

甘辛煮


瀬戸内に面する神戸ならではの春の味


神戸の住宅街を歩くと、“イカナゴのくぎ煮”を炊く

いい香りが漂っていますよ


いかなごGO!GO!




iPodシャッフル本日の1曲目 LITTLE BY LITTLE/THE ROOSTERS
by lantiki_mtpd | 2013-03-13 16:13 | 自炊

メグルキセツ

コチラのblogでも度々紹介させていただいていますが

私、麺が大好きなんです

麺レシピを考えたり、四国うどんツアーに出かけたり、

鍋の後は必ず麺
で〆させていただいています


本日は淡路島の地場産業“手延べ素麺(乾麺)”のご紹介

淡路島の“手延べ素麺”は1830年頃、奈良・三輪地方より素麺造りの秘伝を受け

瀬戸内の気候に恵まれたこともあり

良質の製品が出来上がるようになりました


“手延べ素麺”と言えば、兵庫県たつの市の“揖保の糸”が全国的に有名ですが

独特の製法で製造される淡路島の素麺も

風味・舌ざわり共に格別で最高に旨いんですよ!


エレでは数ある淡路島の製麺所の中から

金山製麺さんとお付き合いをさせていただております


金山製麺さんは5代150余年、古い伝統と新しい感覚を生かし

“手延べ素麺”以外にも“手延べうどん”なども製造されており

これが、なかなか絶品なんです
d0163620_22414581.jpg

大きめの鍋にたっぷりの湯を沸騰させ

麺をさばいて入れ箸で数回上下に軽く混ぜておく
d0163620_22414562.jpg

湯がく時間は8分ぐらいがベストかな?!

素早く冷水で冷やし
d0163620_22414779.jpg

ザルで水切りをしっかりして盛り付けます
d0163620_22414842.jpg

麺がピカピカに輝いていますね

d0163620_22414610.jpg

兵庫県の伝統工芸品“丹波立杭焼”

中でも民藝の窯として長きに渡り

器を作り続ける窯元、俊彦窯(面取り鎬)、丹窓窯(かけ分け)の

“そば猪口”でいただきますと、これまた格別です


淡路島の“手延べ素麺”丹波立杭焼きの“器”

“じばさん兵庫県の商品”はエレにて販売させていただいております



iPodシャッフル本日の1曲目 LET'S GET ANOTHERS PLACE/NUKEY PIKES
by lantiki_mtpd | 2013-03-11 16:53 | じばさんele news

コメットさーん!!!

いつもお世話になっている広島の“ディスクショップ、ミザリー”より

通販した荷物が到着!
d0163620_1514242.jpg

兵庫県神戸市が誇る

最強のレコードレーベル“ハードコアキッチン”からリリースの

ANTI SPECTACLE
d0163620_1514552.jpg


d0163620_1514362.jpg


d0163620_151441.jpg

朝から爆音で聴くぞー!!!!!!!

おどりゃー!!!!!
by lantiki_mtpd | 2013-03-07 16:38 | nu smaltalk

猛進中!牡丹鍋

日中は、やっとこさ暖かくなってきましたが

日が落ちるとまだまだ肌寒いですね

そんな日の夕食メニューは

やっぱり鍋ですね~


今宵は実家からお裾分けしてもらった

猪肉で牡丹鍋です!


出汁は鰹の一番出汁
d0163620_12314418.jpg

エエ出汁がとれましたよ
d0163620_13485494.jpg

通常は、しろ味噌仕立ての様ですが

今回は兵庫県八代市マイスター工房の手作り味噌で
d0163620_12314545.jpg


砂糖と酒を少々加え煮立たないように
d0163620_12314682.jpg

少し甘目がポイントかな?!


野菜は大根、にんじん、ごぼう、ねぎ、水菜、白菜

コンニャクも入れてみました
d0163620_12314758.jpg


これが猪肉、綺麗ですね
d0163620_12314788.jpg

先ずは猪肉とにんじん、大根を入れて

しっかりと灰汁を取って猪肉の旨みを出していきます

葉物野菜はシャッキリと
d0163620_12314882.jpg


完成~!!!
d0163620_1231492.jpg

七味をパラパラっと
d0163620_12315010.jpg

猪肉は脂身が甘く意外と淡白で旨~い!

もっとワイルドな味かと思ってました


何ぼでも食べられそうですね~


そして、そして

お楽しみの〆は何でしょう?


近くの市場の麺屋さんの冬限定のチャンポン麺を投入!!!
d0163620_1231503.jpg

猪肉の脂から出た出汁と鰹出汁の

いわゆるWスープの味噌ラーメンです
d0163620_12315197.jpg



なかなか町のスーパーでは見かけない

猪肉ですが機会がありましたら

是非、お試しあれ!



iPodシャッフル本日の1曲目 PSYCHO SMASH/RISE FROM THE DEAD
by lantiki_mtpd | 2013-03-05 12:31 |