<   2014年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

淡路島へGO!!!

じはさんeleの定休日を利用して

スタッフと淡路島ツアー


オープン時からお世話になっている

淡路島素麺の金山製麺さんへ
d0163620_1510532.jpg

d0163620_1510513.jpg

ちょうど今は素麺の仕込みの最盛期
d0163620_1510352.jpg

仕込みを見学させて頂いた後
d0163620_1510430.jpg

体験もさせて頂きました
d0163620_1510856.jpg

d0163620_15213761.jpg


続きましては樂久登窯さんへ

淡路島の土や釉薬の話を

たっぷり聞かせ頂きました
d0163620_1510640.jpg

d0163620_15213623.jpg


じはさんele栄町、国際会館sol店には

たくさんのうつわが入荷しています

是非ご来店下さいね!
by lantiki_mtpd | 2014-02-20 14:52 | 兵庫県産地訪問

オッサンの楽しみ

地位と名声の次は銭金か?!

エエ加減にせえよ!


って事で...


久しぶりに音の話

2月最後のSUNDAY23日は

ミナトマチレコーズ プレゼンツ

ヘラ座
d0163620_15135537.jpg

バンドと漫才のライブイベント

弁当付やって

楽しみだな!


ex日本脳炎のマツくんの新しいバンド

Jajoukaの新譜
d0163620_15135632.jpg

ライブもやってるみたい

楽しみだな!

by lantiki_mtpd | 2014-02-18 15:48 | nu smaltalk

ドインやで〜 番外編

2011年4月の初インド出張から、まる3年が経ち

少しはブランドとして皆さんから認知されてきたかな?
d0163620_1872696.jpg



CHINO DENIM SERIES by Badhiya


lantiki centraaaal TOKYO KOBEに届いています
d0163620_1854991.jpg

人、牛、バイクの波にもまれ

初めて乗ったリキシャー(三輪タクシー)にボッタくられ


朝昼晩の食事はカレー

挙句の果ては腹下し


今なお残る階級社会の違和感...


だけどインドで出会った人たちは皆

ピースフルで仕事熱心

そんな人たちとlantikiの

出会いから成り立ってきたブランド

Badhiya



iPodシャッフル本日の1曲目 ガッタフィーリング/スリップヘッドバット
by lantiki_mtpd | 2014-02-15 11:56

御買物

年がら年中サンダルで過ごす私ですが

久しぶりにトキメキまして

ノルウィージャン・ウェルテッド製法

革靴を購入しました

Heschung Diego Cavallo Chukka Boots
d0163620_1540157.jpg

Heschung(エシュン)は1934年にフランス北部のアルザス地方で創業した革靴ブランド
創業してから15年ぐらいは本格的なノルウィージャン・ウェルテッド製法と
グッドイヤー製法による手作りの靴を作り続けていました
50年代からはスキーヤー向けにノルウィージャンの靴を作り始めました
この製法は、厳しく防水性を要求されるスキー靴に適し
その後スキーのフランス代表チームに納入され、その信頼性が高く評価されました
スキー靴の進化はご存知の通り、革に比べてより軽い素材へと流れがかわっていき生産は縮小
そして、現在は脈々と1934年から受け継がれてきたクラフツマンシップをベースに
伝統と時代感を伴った稀有なブランドとして今でも熟練の職人の手により生み出されています
d0163620_1540167.jpg

20年位前にに購入した同じノルウィージャン・ウェルテッド製法の

DannerやParabootは今でも大切にしているから

このHeschungも20年は履こう!

20年後と言えば...

67歳か?!

生きてるかな?

似合う爺さんになっときたいな!
d0163620_1821416.jpg


セメントでは無いハンドステッチのエエ靴は若いうちに一通り履いとけよ!」

と先輩の助言が今になって役立っています


うちの若いスタッフにも受け継いでいかないとね!


こちらは革靴の縫製が詳しく掲載されていサイトなので参考までに



iPodシャッフル本日の1曲目 JET MORNING JET WEDNESDAY/R.F.D
by lantiki_mtpd | 2014-02-13 18:21 | nu smaltalk

コーヒー?カフェ?

”乙仲通り”lantiki mericanwarfの東隣に昨年末にオープンされた

coffeeのお店"VOICE of COFFEE"さん
d0163620_16341356.jpg

私は今までコーヒーと言えば気が向けば

ドトールかコンビニで買って飲むぐらいで

特にこだわりはありませんでしたが
d0163620_16341425.jpg

VOICE of COFFEEさんが

オープンされてからは

ほぼ毎日、此方でCOFFEEを頂いております
d0163620_1634141.jpg

と言うのも此方では

世界中の産地から選りすぐられた生豆を

自家焙煎しストレートとブレンドで提供されていて

その日の気分でチョイス出来るからなんです
d0163620_1634159.jpg

たくさん種類がありますのでオーナーさんに質問させて頂くと

親切丁寧にレクチャーして頂けます


COFFEEは皆さん其々こだわりがあり

味の好みはあると思いますが

やはり引きたてが旨いそうです


オーナーさんからは並々ならぬ

coffeeへのこだわりが伝わってくるのですが

多くを語らず

手際よく毎日同じベースでカップへCOFFEEを注ぐ仕草が、かなり私好みです!
d0163620_16341667.jpg

メリケンワーフに遊びに来られた際は

是非、立ち寄ってみて下さいな!



iPodシャッフル本日の1曲目 the light/She Border Picture
by lantiki_mtpd | 2014-02-10 17:30 | nu smaltalk

鶏白湯鍋

めちゃくちゃ寒かったり急に暖かくなったり

おかしな気候ですが

気候は関係なく

相変わらず”鍋”を食べています


店長がメタル愛好家で

自家製チャーシューと淡路産の朝引き鶏が旨いスーパーで

鶏がらを見つけたので

4時間煮込んで鶏白湯スープを取り
d0163620_14562029.jpg

昆布出汁と合わせて
d0163620_14562161.jpg

鶏鍋をいただきます
d0163620_14562282.jpg

鶏ミンチに塩、ごま油、卵を練り込んだ”つくね”
d0163620_145623100.jpg

野菜はシンプルにキャベツ、ニラ、白ネギ
d0163620_14562325.jpg

お好みで豆腐を入れて完成!

ニラはシャキシャキで

ポン酢でいただきます!
d0163620_14562419.jpg



〆はスープを塩で味付けし

中華そばと半熟玉子で完璧です
d0163620_1456268.jpg


鶏がらは1パック50円ぐらいで売っているので

3パック買えば十分旨いスープが取れます

一人暮らしの男性諸君!是非お試しあれ!!!



iPodシャッフル本日の1曲目 Easy Drive/TheFools  
by lantiki_mtpd | 2014-02-03 16:01 |

2014おフランスざんす〜最終日

おフランスざんす~2014最終回

2012年6月初めてcapsuleChannelKOBEとして出展した際

世界中の展示会へ出展し

成功を収めているブランドの友人達が

「とりあえず3年は続けないとダメ」
「そこからがスタート地点」
「結果に繋がるのは、その後」

と助言してくれました


私が1回目の出展で感じた事は

『小手先だけの雰囲気作りでは通用しないなと...』

一緒に参加しているブランドさんも

同じ様に感じたのではないかと思います


2013年シーズンからはMade in Japanの背景や

企画力、商品力を打ち出し試行錯誤しながらも

どのブランドも少しづつ結果に繋げる事が出来ました


プロジェクトとしては今回が最後となる3年目

サンプルアップ、エアー、ホテルのリザーブ

展示会の準備まで全ての段取りが完璧でした

展示会が始まれば目的を持ってリピーターのバイヤーが訪れてくれる

他のブランドのデザイナーやバイヤーも顔を覚えてくれている

最初に友人達に言われたスタート地点とはこの事だと実感出来ました


私が2011年このプロジェクトに参画した時は

"空の雲を掴む"様な状態でした

途中何度、サジを投げようかと思った事か

しかし、何でも継続していくものです

行政と民間がタッグを組んだファッションプロジェクトで

此処まで成果を挙げられたプロジェクトは類を見ないとい思います


このプロジェクトが神戸市以外の都市だったらどうなんでしょう?

神戸市はファッション都市宣言をして今年で40周年

ファッションと深い関わりを持った都市だからこそ

成し得たのではないでしょうか


神戸市は時として

「Made in KOBEってナニがあるの?」

と聞かれ答えに困る事があります

しかし、この様なプロジェクトを発信する事こそが

『Made in KOBE』なのではないかと思います


最後になりますが

このプロジェクトを続けてきて感じた事

商品から醸し出される雰囲気は

少しづつ年月を重ね結果を残してきなモノだけに現れる

決して自らが演出するモノではないなと


参加ブランド orSlowさん、cableamiさん、No,No,Yesさん、RYUさん、semineadさん

輸出の手伝いと営業をサポートして頂いたニレ・アップスさん

パリでお手伝い頂いたhanaeさんkeikoさんaikoさん

神戸市、神戸ファッション協会

皆様に感謝です


ありがとうございました!
d0163620_1550966.jpg




iPodシャッフル本日の1曲目 GET THE GLORY/LAUGHIN'NOSE
by lantiki_mtpd | 2014-02-01 16:02 | 海外渡航記