長い道のり

兵庫県の伝統工芸品 豊岡市の『やなぎごおり』

d0163620_17395248.jpg

円山川下流域の湿地帯に自生するコリヤナギを用いて編み上げたものが
d0163620_17395393.jpg

柳行李(やなぎこうり)です

歴史は古く、奈良時代に作られた「但馬国産柳箱」が

東大寺の正倉院の御物として残されている事から

1200年以上の歴史を有しているとされています
d0163620_17395179.jpg

産業として確立したのは安土桃山時代で

日本有数の柳行李の産地として発展し

江戸時代には旅行具として一般の庶民に広く利用され

明治時代には数々の国際博覧会に出品され

昭和に入ると軍事行李などを生産

1992年に国の伝統的工芸品に指定されました


私が初めて“柳行李”の産地に訪れたのは5年前

素敵だなと衝撃を受け

なんとか商品化したいという思いを持っていましたが

国の伝統工芸品にも指定されているだけあって

なんとも高価で敷居が高かい!


商品化への道は厳しく四苦八苦でした

しかし

じばさんeleのblogでも紹介させていただいたように

ある女性工芸士さんとの出会いをきっかけに

ようやく商品化に向けて一歩前進しました


d0163620_16285511.jpg

こちらの“コリヤナギ”は“古ヤナギ”と言って

数年前に収穫し寝かせておいて

自然に色が褐色化したヤナギ

通常は草木で染めて色を出すのですが

このヤナギは一切染めを施していません
d0163620_15542272.jpg


籠の中には兵庫県西脇市の播州織の巾着が付きます
d0163620_16722.jpg

播州織でも特殊で技術を要する“カラミ織”の素材とのリバーシブル
d0163620_167235.jpg

こちらも播州織の女性の作家さんに製作をお願いしました


これを持って22日(月)に兵庫県たつの市のタンナーさんを訪れ

“たつの皮革”のストラップが付きます

ストラップの相談をさせていただくのも女性の職人さん

女性のパワー無しではこの企画は出来ませんでした


豊岡市柳行李×西脇市播州織×たつの市皮革のトリプルコラボ

Made in HYOGOの完成間近です


油断は禁物ですがGWには“じばさんele ”の店頭に並ぶ予定です

完成次第、報告します

是非、職人さんたちの技の結晶をご覧下さい!



iPodシャッフル本日の1曲目 MONA(I nead you baby)/大江慎也
by lantiki_mtpd | 2013-04-19 17:44 | 兵庫県産地訪問
<< ゴールデンウィーク ルーツ >>