カテゴリ:じばさんele( 146 )

じばさんeleリニューアルにむけて


じばさんeleリニューアルに向けて

丹波焼や樂久登窯のステキなマグがあるのに

美味しいコーヒーが無いのはおかしいんちゃうか?

しかも僕、コーヒーめっちゃ飲むのに
d0163620_23225755.jpg

今の場所に引っ越す前は事務所の隣って事もあり

ほぼ毎日ハンドドリップでコーヒーをいただいてた

ボイスオブコーヒーさん

今は豆を挽いてもらって家でいただいています
d0163620_23225882.jpg

ケニア深煎とコロンビア中煎のブレンド


インドネシア深煎とコロンビア中煎のブレンド


僕のリクエストは、しっかりと苦味の中に


フルーティーな香りとスッキリとした後味



まぁ、よくあるフレーズですが


後者のインドネシアを採用させていただきました!

d0163620_23225901.jpg

パッケージも凝りたいですね〜
d0163620_23233851.jpg
じばさんele blend

どんな出来栄えになるのやら⁈
d0163620_23232264.jpg
3/15(金)神戸国際会館solリニューアルより

じばさんeleにて販売がスタートします

by lantiki_mtpd | 2019-02-21 23:22 | じばさんele

社員食堂

すっかり日本の季節行事として落ち着いた

節分の恵方巻

ちょっとブームになり過ぎたのか

テレビでは食品廃棄“フードロス”の問題が

良く取り上げられていました


ブームとは恐ろしいもので

簡単に予測が出来て生産量と消費量がピッタリ合えばいいのですが

予測が出来ず商品が足りない

翌年はブームが去り商品を残してしまう...

食品に限らず洋服も一緒です


じばさんeleの社食のコーナーでは

身近な食材で簡単に出来る家庭料理を紹介しています

家で作るって面倒やなぁって思いがちですが

慣れたら簡単

食べれる量だけ残っても翌日にも食べれる

そんなメニューを紹介したいと思います
d0163620_13363575.jpg


洋服もそんな事が出来れば良いのにって思います


by lantiki_mtpd | 2019-02-04 13:33 | じばさんele

春ノ改装

只今、春のリニューアルオープンに向けて

工事が急ピッチで進んでいる神戸国際会館SOL

じばさんeleもリニューアルします
d0163620_03201797.jpg

お店を作るのって楽しい

スタッフから話しを聞いてアイデアを盛り込んだり

職人さんと打ち合わせをしたり
d0163620_03140939.jpg

d0163620_03183262.jpg

淡路瓦の甍トさんと一緒に温めていたアイデア
d0163620_03233692.jpg

やっとこさお披露目出来そうだ!
d0163620_03083690.jpg
完成が待ち遠しい!

by lantiki_mtpd | 2019-01-30 03:06 | じばさんele

生姜醤油


僕、生姜が冷蔵庫の中にないと落ち着かないんです

家でご飯を食べる時は、ちょちょっと生姜を剃って

生姜醤油にしたり、おかずにあえたりします


銅で出来た職人さんが作ったモノや

最先端技術を駆使したモノ迄

おろし金ってピンキリやと思うのですが

丹波焼で”おろし”があるとは灯台下暗しでした
d0163620_06010531.jpg

ちょちょっと剃って、そのまま食卓へ
d0163620_06013354.jpg

こら、よろしわ!
d0163620_05464549.jpg


by lantiki_mtpd | 2018-11-26 05:43 | じばさんele

週末陶器

今週末ですねぇ

丹波焼 陶器まつり!


ここ10年は毎年参加させていただいてます

伝市窯さんの登り窯前が定位置です

今年はジンジャーエールを販売しますよ!
d0163620_11045809.jpg

去年は僕の雨男っぷりを発揮して

土砂降りやったもんね〜

今年はお天気良さそうやし

冷たいジンジャーエール最高ですよ!
d0163620_11054390.jpg

もちろん、マンドリルカレーも参加!
d0163620_11124299.jpg
カレー&ジンジャーエールいかがでしょう!!

by lantiki_mtpd | 2018-10-19 11:01 | じばさんele

西宮北口

暑いとか言っても仕方ないので

暑いなんて言いません!


夏にぴったりなブランドJAMSのポップアップを

大丸神戸店6階MBASEにて開催中です

初めてブランドを知る方も懐かしいなぁって方も

是非、お立ち寄り下さいませ!
d0163620_05412561.jpg


昨夜は神戸国際会館屋上にあるビアガーデンへ

じばさんeleのスタッフと行ってきました!
d0163620_05414880.jpg
ビアガーデンって聞くと

おっさんの集まりって思いがちですが

それってひと昔前の話なんすね

お客さんは女性の方が大半

女子会ってホンマにあるんやなぁって感心しました

d0163620_05413071.jpg
僕も楽しく呑ませて頂き

気がつけばお約束

電車乗り過ごしwww


電車で帰ると必ずと言っていいほど乗り過ごします

で、戻る時は反省して立って帰ります…

by lantiki_mtpd | 2018-07-18 05:40 | じばさんele

未開拓地


リニューアル無事に終了〜!
d0163620_05272275.jpg

d0163620_05272352.jpg
定番のマンドリルカレーとマッサマンカレー

今日はマンドリルカレー多めの相がけ


じばさんらんちき/乙仲角×マンドリルカレーは

自分でカレーを盛るスタイル

だから自分の好きな量をお皿いっぱい好きなだけ!

タンドリーチキンもついて680円は嬉しいよね!
d0163620_05142793.jpg

リニューアル終わったけど、ひと息ついとる暇ないぞ

さぁさぁ、未開の地への乗り込みますか

じばさんツアー初の阪神間やな!
d0163620_05142944.jpg


by lantiki_mtpd | 2018-04-13 04:45 | じばさんele

少々再生

カレーとクラフトビール
“じばさんらんちき/乙仲角×マンドリルカレー”

d0163620_12072162.jpeg

オープンからご盛況いただき感謝ですが…

僕は毎日カレーを食べてる訳でありません

昨日のランチは港町マザーのデラックス!

最強です!
d0163620_06322900.jpg

神戸国際会館SOL B-2 “じばさんele”リニューアル

丹波焼の売場が独立しました
d0163620_06323112.jpg

d0163620_06323380.jpg

d0163620_06323697.jpg

d0163620_12033034.jpeg

もちろんベーシックラインの播州織も
d0163620_11593274.jpg

d0163620_11593384.jpg

豊岡のバッグにきりゅう細工なども
d0163620_11593555.jpg

d0163620_06343861.jpg
ご来店、お待ちしております

by lantiki_mtpd | 2018-04-12 12:00 | じばさんele

餅ハ餅屋

色々なことを試し試しやってます

兵庫県の地場産業に携わってかれこれ10年

ランチキさん何やってますのんってねw

最初の頃は何をおっぱじめたのかと戸惑われる人が大半でした


d0163620_05443277.jpg

兎にも角にも

兵庫県内の産地を駆けずり回っててきたけど

ここらで少し立ち止まり

少し編集し直したいと思います
d0163620_05464302.jpg

ただ、立ち止まるだけじゃなくて

新しいことにもチャレンジしながら

少しづつ進めていければいいかなぁと
d0163620_05443860.jpg
食の部署はやっぱり餅は餅屋ということで

頼りになる連中とタッグを組みます
d0163620_05465994.jpg
“ライフスタイル””手しごと””ものづくり””田舎移住”

さぁ〜どうなることやら

by lantiki_mtpd | 2018-04-04 06:04 | じばさんele

播州婦人

兵庫県の地場産業に携わらせて頂き約9年になります

最初の頃は右も左も分からない状態で産地に飛び込んで

時には門前払いを食らうこともあり

壁にぶつかることも多々ありました


それでも産地訪問をやめなかったのは

産地の商品の魅力もそうですが

産地の人達との楽しい出会いがあったからです


今では”播州織”ブランドも定着していますが

僕が産地訪問を始めた頃は、まだまだでした

その頃に見つけた”播州織の扇子”

じばさんeleを始めるにあたり

「仕入れをさせて下さい!」

と、飛び込んだ織元さんで出会った女性スタッフさん

このブログでは”播州織マダム”と呼ばせてもらってます


出会ってから、もう9年近くなるのですね

扇子からスタートし播州織の雑貨やノベルティー

色々な商品を一緒に作ってまいりました


その”播州織マダム”が、この度一線を退き

若手に道を譲ることになりました


産地に通っていて一番の課題だと感じていた

次世代の育成、バトンタッチ

本来なら良いことであり嬉しいこと

しかし、現実に目の前に起こると寂しさしか感じない


小さなはぎれを大切に扱い出来上がる”播州織扇子”

播州織の一反は約50m

かたや、扇子を作るのに必要な用尺は約30cm

播州織の生産量からすると微々たるものかもしれません

しかし、この扇子には

”播州織マダム”の沢山の思いが詰まっています
d0163620_12071891.jpeg
播州織マダムさん長い間ご苦労様でした

一旦、ひと呼吸ですが

きっとこれからも、甘えさせていただくでしょう

これからも、よろしくお願いします!

と、しときます


by LANTIKI_mtpd | 2017-10-25 12:10 | じばさんele